Simpleに木の実&ハーバル生活を・・・
マンダリンで実験 2
患部が水ぶくれ状態になった その後です。


普通の水ぶくれでしたら 小さく穴をあければ水が出てペッチャンコ。

これは違って、患部が腫れている状態ですが
イボの部分が柔らかくなっています。

息子の手のイボの時は この状態から根っこが取れて・・・という流れでした。

では、このまま放置しておけば取れる?? とも思いましたが
そのままにしておけば 
このケロイドのような状態でいなければならなくなるかも? と思い、
指でイボの部分を潰してみました。

この時点で水(体液)がかなり出てきて、
水ぶくれ状態ではなくなりました。

患部が マンダリンで柔らかくなっているのと、痛みが全然ないので
そのあとは毛抜きでイボの部分(皮膚)を取り除く作業。

健康な皮膚を間違って触ってしまうと 血が出てきて痛みもあります。


自分でこれ以上はマズイ と思う所までで止めて、
消毒し、ラベンダーとフランキンセンスの原液を塗り、
何も付けない 普通の絆創膏を貼って 様子見。

フランキンセンスは傷にもシワや妊娠線にも良いので、
使ってみようと ラベンダーと併用。

絆創膏も小さくカットしているので 体液が滲み出て
すぐに取り替えなくてはならない状態です。

こノ後は マンダリンを1回も使わず、患部を乾燥させながら
剥けてくる皮膚を取り除くだけ。


その間、収斂作用のある 柿渋石鹸やマジックソープ(ティートゥリー)を使ったり。

マジックソープの方が使った後にスッキリするので、
こちらを主に使用。

あとは皮膚が再生するので 日焼け止めは欠かせません。


今は患部も落ち着き、少し赤味が残るものの
触った感じではまえのような出っ張りを感じません。

まだ再生途中なのでハッキリとは言えませんし、
手に出来るようなイボにみられる根っこというものが
正直 顔では良く分かりませんでした。


なので根っこが残っていて、また同じように膨らんでくる可能性もあります。

実験開始から1ヶ月経ちましたが、
場所が顔ということもあり、かなりしんどい実験なので
再度やるかどうか・・・。

この方法は手や足ならなんとかなりそうですが、
顔は目立つ場所でもあり、イボ自体がごっそり取れた感もなく
ちょっと不安が残ります。

傷跡が残る可能性や、シミになる可能性も強いため
やらないにこしたことはないです。


これからは自然治癒力のみに任せるので、長期の様子見になりますが、
後日 またご報告します。

 
イボと精油 観察 - -
スポンサーサイト
- - -
Copyright
© 2008 Y's Healing Garden
PROFILE
NEW ENTRY
ARCHIVE
>
CATEGORY
MOBILE
qrcode
LINKS
COMMENT
>
TRACKBACK
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINK


(C) 2008- Y's Healing Garden